ホーム > 注目 > 事業協同組合の設立を考える機会

事業協同組合の設立を考える機会

事業協同組合って何でも設立できるわけではなくて、会社の業種ごとに作れる組合が異なります。わたしの勤務する組合もそうですが、技能実習で制度の事業協同組合は、否応無く主務大臣との折衝がからんでくるので、プロにお任せすることになりますが、外国人実習生との関係では随分不正が横行したことから、慎重に行うべきなんです。今後、外国人技能実習生を受け入れる監理団体となるためには許可も必要なので、その辺をにらんで動く必要があります。以上、「事業協同組合の設立のプロ」でした。


関連記事

  1. 売れるか心配でしたが、無事に売れました

    ギフト券だったため、換金できるのか半信半疑でした。EメールタイプのAmazonギ...

  2. 妊娠初期の段階では赤ちゃんの器官

    妊娠初期の段階では赤ちゃんの器官形成にあたる大切な時期なのです。そういった時期に...

  3. 事業協同組合の設立を考える機会

    事業協同組合って何でも設立できるわけではなくて、会社の業種ごとに作れる組合が異な...

  4. 外国人技能実習制度が変わるようですね?

    外国人技能実習については、来年から大きく制度が変わるらしく、うちの事業協同組合で...

  5. 興行ビザの要点

    興行ビザのプロはなかなか日本にはいないようですが、アメリカの場合、興行ビザを専門...

  6. 会社設立代行を求めて

    会社設立代行については、池袋在住の友人がベンチャーを立ち上げるのでその友人がお世...

  7. 医薬品販売業許可申請のあらまし

    医薬品販売業許可は近年取得が難しくなっている反面、登録販売者などの制度の導入など...

  8. 結婚式フラッシュモブを実現する前に

    結婚式フラッシュモブを実現したいと思っています。   でも、その前に、...

  9. フラッシュモブと言うサプライズを検討

    茨城のフラッシュモブを見て、 フラッシュモブと言うサプライズを 検討してみたいと...

  10. フラッシュモブで感動的なプロポーズを実現したい

    フラッシュモブで感動的なプロポーズを実現したいなんて事を、 海外からの依頼でフラ...